一人でなやまないで

身体と心に出る症状

うつ病の症状とは、どのようなものなのでしょうか

うつ病は心の風邪といわれています。 主に身体症状と精神症状があります。身体症状では、眠れない、疲れやすい、集中力がない、食欲がないなどの症状があらわれます。精神症状では、落ち込む、イライラする、やる気がおきないなどの症状です。 このようなうつ病で悩んでいる人は多いと思われます。治療するためには、病院での診察が不可欠になります。心療内科、精神科などを受診しましょう。 治療期間は長い人で数年かかるともいわれています。治療を始めた時点で、どのくらいの期間がかかるのか、はっきりわからない場合が多いです。そうなると、治療費が気になるところです。 意外に知られていませんが、うつ病の患者さんの負担を軽減する制度があります。自立支援医療費制度です。

治療するために必要なこととは

自立支援医療費制度は、うつ病などの精神疾患の患者さんも対象となります。 市町村などの窓口で申請できます。こうした制度を活用することで、患者さんは治療に専念できます。 一昔前ですと、うつ病は周りからなかなか理解してもらえず、病院に行くことを躊躇していました。しかし、現代では、周囲のうつ病に対しての理解も深まり、病院で治療しやすくなったのも事実です。 もともとうつ病になりやすい人は、生真面目で几帳面、仕事熱心な人が多いです。そういった方が、仕事を休むことは難しいことでしょうが、休養をとることは、とても大切です。うつ病は放置しておけば、悪化し治りにくい病気です。そのために適切な治療は必要です。 うつ病の治療は、適切な病院で治療に専念することが大事なのです。

治療はどこでどのように受けたらいいのか

うつ病かなとはじめて疑った場合、どこで治療を受けたらいいのかどのような治療を受ければいいのかわからないことだらけです。精神疾患の治療を受ける診療科で治療を受ける必要があります。精神科や心療内科、精神神経科、神経科などの診療科で受けるようになっています。こころのクリニックなどの名称で開設されているクリニックなどもありますので、病院名も参考にするといいです。うつ病の治療では患者さんと医者が相互に信頼関係を築く必要がありますので、コミュニケーション能力に長けている医師がいる病院を選ぶといいです。まずカウンセリングを行い診断が行われ、治療方針が決定されます。投薬や生活習慣の見直しなどさまざまなもののなかから選択され、薬の副作用などの観察が行われます。カウンセリングにより状態を把握していくので、包み隠さずうそのないように話すことが大切です。