一人でなやまないで

早めに対策を打つ

うつ病は早めの対策を。

うつ病の対策には、早めの発見が大切だと感じます。毎日の中で、イライラすることは誰にでもあります。そんな不安定な気分や調子が長期にわたって持続することがあるなら、うつ病を考え早めの診断や治療が必要ではないかと思われます。うつ病の特徴としてあげられているものには少しのことでイライラし、すぐに怒りだす。睡眠関連では寝つきの悪さや夜中の中途覚醒の多さなどもあります。早く目が覚めるなどの睡眠障害もみられます。思考の低下があり死にたいと思う気持ちになるなど通常はあり得ない感情の不安定さがうつ病にはあります。治療の一つにリラックスすることやストレスをうまく解消することが大切になります。毎日の生活の中で、思うようにいかないこともあるとは思いますが、できる限り前向きな気持ちをもつようにすることが改善につながる唯一の治療と考えます。

周りの人が変化を感じてあげて

うつ病には、本人がだす特徴と周囲の人から見てわかる特徴があります。本人がだすものには、食欲がない。性欲がない。疲れやすい。動悸や便秘がある。頭痛や肩コリを感じているなどの症状を持っているとの報告もあります。他の病気との関わりも考えられますがうつ病もその関連の一つになります。また、周囲の人には、表情が暗くなったとか、すぐに泣くなどもあります。喜怒哀楽の感情の不安定さが特徴なのかもしれません。落ち着かない、反応が鈍い、お酒に頼る生活が目立つなどもうつ病の特徴であり、周りからみていつもと違う変化なのかもしれません。治療には、本人の治そうとする意欲も必要ですし、家族や友人など周囲の人ができる限りの協力してあげられる体制も必要なのではないかと思われます。